※ 12話はデザート2020 年10月号( 8月24日発売)の収録分になります。

こんにちは、ニココです(*^^*)♪

11話では逸臣に「付き合おうか」と言ってもらえて2人は付き合い始めます。

再び海外へ旅立った逸臣を待つ雪ですが・・・!?

今回はこの続きからになります。

では「ゆびさきと恋々12 話のネタバレ、感想を書いていきたいと思います(^o^)

殆どの少女漫画が50%OFFで読めるサイトとは?!
文字だけのネタバレも良いですが、作品を100%楽しむならぜっったいにコマ有りのコミックを読むべきです!
まんが王国というサイトはちぎちぎや、うちの弟どもが~なども半額で読めちゃいます。

あまりにもお得なので、普通に漫画を買うのが勿体なく感じるレベルですよぉ~

これはぜったい読むっきゃない!
【マンガが50%OFFで買えるクーポン有り】まんが王国の現在の無料試し読みまんがを見るにはコチラ!

ゆびさきと恋々 12話の登場人物

・雪(ゆき)

生まれつき聴覚障害がある大学生。

初対面で自分と動じずに接してくれた逸臣に惹かれて・・・。

・逸臣(いつおみ)

雪と同じ大学の先輩で国際サークルに入っている。

バーでバイトをしながらバックパックで海外を飛び回る。

・りんちゃん

雪の大学の友達で逸臣と同じサークルに所属。

ノートテイクもしている。

・桜志(おうし)

雪の幼馴染の男の子。

手話が使える。

なにかと雪に突っかかってくる。

ゆびさきと恋々 12話ネタバレ

sing.12 帰国

逸臣は連絡が何日か途絶えてもその分まとめて色んな国の写真をコメント付きで送ってくれます。

 

逸臣が旅立って1ヶ月。

 

私も海外に一緒に行けるように早くバイト決めなきゃ!と雪はデータ入力のアルバイトの面接に向かいます。

 

面接担当のおば様は聴覚障害者に不慣れなのかマスクをして話されたり、筆談で「採用の場合はお電話しますね」と言われてしまうのでした。

 

雪は高校の時の友達がチェーン店でバイトをしていたのを思い出し、アドバイスを聞きたいからと連絡をしてみます。

 

その後雪は逸臣の写真を見つめながら、

 

 

 

今、目の前に現れてくれないかな

 

 

 

と思っていると、急に通知が。

 

その通知の相手はなんと、逸臣。

 

「今どこ」

 

「帰ってきた」

 

「飯行かね?」

 

という内容。

 

雪は情報量が多くてキャパオーバー!!

 

雪は大学の近くだと返信すると、これから会うことになるのでした。

 

そろそろかなとは思ってたけど帰ってきたっていつ?

 

やっと会える

 

と雪は急いで逸臣の所に向かいます。

 

ふと遮断機が下りている踏切を見ると、向こう側から手を上げ優しく微笑んでいる逸臣の姿が。

 

雪も両手をめいっぱい広げ、満面の笑みで手を振り返すのでした。

 

すると、逸臣の口が動き、雪は逸臣の唇の動きを読みます。

 

 

 

「ゆ」

 

 

 

「き」

 

 

 

「ぎゅー」

 

 

 

「していい?」

 

 

 

そう言われ、雪は顔が赤くなってしまうのでした。

 

遮断機が上がり、雪は周りをキョロキョロと見渡し、人が居ないのを確認すると目を閉じ、顔を赤くしながら両手を広げぎゅーの体勢で待ちます。

 

逸臣は、そんな雪の顔をジッと見つめ雪の唇にキスをするのでした♡

 

そして次の瞬間には「行くか」と切り替えが早い逸臣。(笑)

 

しかし雪は状況が把握出来ません・・・

 

 

 

さっきのって・・・

 

 

 

ぎゅーじゃなくて、もしかして

 

 

 

ちゅーしていいって・・・

 

 

 

母音同じだから間違えた!

 

 

 

こんな形で・・・

 

 

 

人生初めてのキス!!!

 

 

 

と雪は顔が熱く赤くなってしまいドキドキが止まらなくなってしまうのでした。

 

 

雪はスマホを使って、いつ帰ってきたのかと質問すると、昨日の深夜と口を動かす逸臣。

 

雪は逸臣の唇を見て、さっきのキスの事を思い出し、また顔が赤くなってしまうのでした。

 

 

 

~和食屋さんにて~

 

 

 

逸臣は店員からおすすめを聞き、雪に指文字を使って教えてくれ、雪が前に送った手話の動画をちゃんと見てくれたんだ!と嬉しく感じます。

 

そして雪の分まで注文してくれた事に雪が"ありがとう"と手話をすると、何のありがとう?と逸臣は質問してきます。

 

雪は指文字で「た」「の」「ん」「で」「く」「れ」「た」「の」「で」と返します。

 

逸臣はお礼なんていいよと答え、指文字って覚えるとだいぶコミュニケーションとれるなと優しく微笑んでくれるのでした。

 

雪は指文字は、手を逆にするだけで形が似てるのがあるから大変ですよね、とスマホで逸臣に見せると、逸臣は指文字を使って、

 

"指文字慣れてくしかねぇな"

 

と雪に言ってくれ、雪は嬉しくて頬を染めるのでした。

 

 

逸臣に「お」「か」「え」「り」「な」「さ」「い」と指文字で伝えると雪。

 

逸臣は、優しく微笑みながら「た」「だ」「い」「ま」と指文字で返してくれるのでした。

 

そして逸臣は、やっぱり日本食うまいな、と和食に大満足してくれ、雪の分までお会計もしてくれるのでした。

 

 

 

~公園にて~

 

 

 

2人は和食屋さんを出ると、公園に向かいます。

 

そして逸臣に公園の階段に座るように促され座ると、雪の肩を自分の方に寄せ逸臣は頭を優しく撫でてくれます。

 

甘えさせてくれてるのかな、と雪は嬉しくなるのでした。

 

すると、指文字と手話を使って"じかん大丈夫?"と雪に聞いてくる逸臣。

 

逸臣はスマホを使って「大事な話なんだけど」と文章を打ち始めます。

 

その内容は親友が2人いて、その1人は前に酔っぱらっていた心(しん)だと教えてくれ、心に一番に雪の事を紹介したい、と言う逸臣。

 

今から会うの嫌?嫌じゃない?と聞かれ、雪は嫌じゃないけどちょっと怖いと答えます。

 

逸臣から耳のこと?と聞かれますがここで頷くのは、これじゃ心さんが偏見持ってる人みたいだと戸惑っていると、逸臣はスマホに文章を打ち込み「やめとこうか、あいつは偏見とかない奴だけど」と気を使わせてしまいます。

 

雪は「大丈夫です!!会います!!」心さんを紹介して下さいとスマホに打ち込んだスマホを見せると、逸臣は右手を雪に差し出し、口を動かします。

 

 

 

"手ずっと握っとこうか"

 

 

 

"雪が帰りたくなったら"

 

 

 

"強く握って"

 

 

 

そう言ってくれ、雪は逸臣と手を繋ぎ、心の自宅へと向かうのでした。

 

2人は心が住むアパートに到着。

 

前に会った時の心さんはテンションが高かったから・・・どんな反応するんだろう、と緊張する雪。

 

しかし、ドアから出てきた心はテンションは高くなく落ち着いた感じ。

 

会った時はお酒飲んでたからテンションが高かったんだ・・・と雪は思うのでした。

 

そしてドアから出てきた心から「どちらさん?」と聞かれ逸臣は、

 

 

 

「俺の彼女」

 

 

 

心に会わせようと思って、と雪を紹介するのでした♡

 

 

ここまでが12話のネタバレとなります。
そして13話に続きます。




ゆびさきと恋々 12話の感想

「ゆびさきと恋々」12話はいかがでしたでしょうか??

今回はドキドキキュンキュンが詰まったお話でした!!

雪ちゃんは終始可愛いし、逸臣さんは雪ちゃんの事が可愛くて好きで好きで堪らないのが伝わってきて読者の私はにやにやが止まりませんでした( *´艸`)♡♡

逸臣さんの親友、心くんに会った雪くんですが、心くんがどんな反応するか楽しみですね!

次回はなんとお休みですが・・・

「ゆびさきと恋々」が10月13日に3巻が発売されます!!

私ももちろん買いますよ~♪

どんな表紙になるか楽しみですね(^^♪

 

次回13話は2020年10月23日にデザートに掲載予定になります。

 

その他のネタバレ、感想はこちらから読めます♪

↓↓↓
【ゆびさきと恋々】11話ネタバレ&感想 お付き合いがスタート!その後の2人は・・・!?

 

「ゆびさきと恋々」の単行本のネタバレ、感想のまとめはこちらから読めます♪

↓↓↓
【ゆびさきと恋々】1巻ネタバレ&感想 接点がなかった2人のピュアラブストーリー!!

【ゆびさきと恋々】2巻ネタバレ&感想 目があうたびに、もっともっと好きになる。

 

「ゆびさきと恋々」が好きな方には・・・こちらもおすすめです♡!

↓↓↓
【うるわしの宵の月】1話ネタバレ&感想 王子と王子の出会いは運命?それとも・・・!?

【ふたりで恋をする理由】1話ネタバレ&感想 前途多難な運命の恋の行方は!?

漫画を無料で読む方法とは?

「あなたはほぼ全ての漫画が50%OFFでサイトをご存知ですか?」

【マンガが50%OFFで買えるクーポン有り】まんが王国の現在の取り扱いまんがを見るにはコチラ!
少し前は違法サイトが横行していたのですが、今は完全に無料で読む方法はありません!
(むしろ無料で漫画を読むなんて作者さんに失礼すぎっ!)

しか~し!メッッチャお得に漫画を読む方法があるんです。それがまんが王国!

まんが王国というサイトはちぎちぎや、なのに弟どもが~等が半額で読めちゃいます。
おすすめの記事