※ 12話は別冊マーガレット2022年2月号( 11月 13日発売)の収録分になります。

11話では琴乃に自分の気持ちを言おうと決心した咲。

ですがたまたま琴乃が陽希を引き止めているところを見てしまいます。

親友と同じ人を好きになってしまったと思った咲は・・・!?

12話はこの続きからになります!

では「サクラ、サク。」12話のネタバレ、感想を書いていきたいと思います(^o^)

殆どの少女漫画が最大50%還元で読めるサイトとは?!
文字だけのネタバレも良いですが、作品を100%楽しむならぜっったいにコマ有りのコミックを読むべきです!
まんが王国というサイトはちぎちぎや、うちの弟どもが~なども半額で読めちゃいます。

あまりにもお得なので、普通に漫画を買うのが勿体なく感じるレベルですよぉ~

【期間限定で無料で読める!】デザート等の掲載の人気漫画がまんが王国で読めちゃいます↓
【最大50%還元!】まんが王国の現在の取り扱いまんがを見るにはコチラ!

※期間限定キャンペーンなので、公式サイトをチェックしてみてくださいね!
【期間限定で無料が多数!】まんが王国の現在の無料まんがのラインナップはコチラ!

サクラ、サク。 bloom.12の登場人物

・藤ヶ谷 咲(ふじがや さく)

高校1年生。

電車の中で助けてもらった「桜 亮介」を探していた。

困っている人を放っておかないと決めている。

・桜 陽希(さくら はるき)

咲と同じクラス。

亮介の弟。

素直じゃない性格だけどなんだかんだ優しく面倒見がいい。

・桜 亮介(さくら りょうすけ)

陽希のふたつ上の兄。

咲にとっての神様だった。

・荻原 琴乃(おぎわら ことの)

クラスメイト。

咲になくし物を見つけてもらい感謝している。

・佐野 美斗士(さの みとし)

咲たちと同じクラスで陽希と仲良くなる。

素直な性格。

・井竜 奏多(いりゅう かなた)

亮介のバイト先の後輩で、咲たちの同級生。

独特の雰囲気を持つ男子。

サクラ、サク。 bloom.12のネタバレ

bloom.12

~廊下にて~

 

 

 

陽希の制服の後ろを掴み「だめっ」と引き止める琴乃。

 

頬を染めた琴乃は陽希の背中越しに、

 

 

 

陽希はだめ

 

 

 

行かないで

 

 

 

と伝えます。

 

咲は琴乃が陽希を引き止めるのを見てしまい目に涙を浮かべ、図書室で琴乃を待っていればよかった・・・と後悔。

 

 

陽希は琴乃に「だめ」って何で?と聞いてきますが、琴乃が何と答えようか戸惑っていると・・・!?

 

「久々の女子の水入らずなんだぞ」

 

少しは察しろよ、と言いながらやってきたのは美斗士。

 

琴乃は美斗士がフォローしに入ってきてくれ、ホッとするのでした。

 

すると、先生が陽希の事を探してると友達に呼ばれ陽希は「俺は遠慮しとく」と琴乃に伝えると、去っていくのでした。

 

美斗士は陽希の後ろ姿を見つめながら、

 

 

 

女子会に混ざる気だったとか

 

 

 

もしかして咲の事好きなんかな

 

 

 

なーんって・・・

 

 

 

と冗談で言ったつもりが、琴乃は、

 

 

 

そんなの困る

 

 

 

と言います。

 

ですが言った後にハッとし、「なーんて」と誤魔化し日誌出しに行かなきゃ。と言うと歩き出す2人。

 

しかしその先にいたのは咲で・・・!?

 

 

咲は事乃に見つからないようにこの場からすぐにでも立ち去りたいと思いますが、何故か足が動きません・・・

 

このままだと見つかる・・・そう思っていると、

 

 

 

誰かに抱きしめられ、咲を咄嗟に隠してくれ・・・!?

 

 

 

ある人が咲の事を隠してくれ、咲は琴乃と美斗士に見つからずに済むのでした。

 

そんな咲を隠して入れたのは・・・

 

 

 

なんと奏多!!!

 

 

 

奏多から、付き合ってるフリとか面倒くさい事してんね、と言われフリの事がバレてしまうのでした。

 

咲の泣いている顔を覗き込み「友達と好きな男が被ったのか」と察しが良い奏多。

 

咲は涙を手で急いで拭っていると、事情も知らないで「いい子じゃない」って言ったことには謝ると奏多は謝ってくれるのでした。

 

ですが「でも別にいい子とも思ってない」と言いながら去っていく奏多に、咲は意地悪だと感じます。

 

琴乃も陽希が好きなのかと思うと咲は胸が苦しくなってしまうのでした・・・

 

 

 

~図書室にて~

 

 

 

ボーッとし、ノートを書く手が止まっている咲に琴乃は「分からない?」と優しく声をかけノートを見せてくれます。

 

テスト乗り切ったら楽しい夏休みだから頑張ろう!と微笑んでくれる琴乃に咲は「うん」と笑顔で返すのでした。

 

 

 

~次の日~

 

 

 

本当は自分の気持ちを琴乃に打ち明けているはずだった・・・

 

 

 

でも現実は上手くいかない

 

 

 

結局琴乃には言えず、好きな人が被っていたことを知り、咲は悩みが増えてしまったのでした・・・

 

そんな事を考えつつ教室を1人で出る咲。

 

咲が元気がないように見えた陽希は咲の後を追うと・・・!?

 

 

咲が廊下を歩いていると「どんよりしてるな」と声を掛けてきたのは奏多。

 

咲は昨日のお礼を言い忘れていた・・・と昨日のお礼を言っていると咲は目に涙を浮かべてしまい・・・!?

 

奏多は移動しよう、と咲の肩に手を添え中庭に連れて行きます。

 

奏多が咲の肩に手を添え、2人で階段を降りていくのを見てしまった陽希は、2人の後ろ姿をジッと見つめるしか出来ないのでした・・・

 

 

 

~中庭にて~

 

 

 

「俺が泣かせたみたいに思われるのが迷惑」と奏多に言われ、咲は今の状況と私の気持ちを知ってるのが井竜くんしか知らないから気が緩んだ・・・と伝え、謝ります。

 

奏多から「ふたりが本当に付き合ってる訳じゃないならさっさと言えばいい」と言われますが、咲は一番の友達と好きな人がかぶってるのに平気で言えるわけない、と反論。

 

それに"フリ"をしてることでもう少しで琴乃の元カレも諦めてくれるかもしれないし、自分の事ばかりになれない、と咲。

 

奏多はそう聞いて、

 

 

 

その子が藤ヶ谷さんの気持ちを知らないまま

 

 

 

陽希って奴に告白してふたりが本当にくっついたら?

 

 

 

と質問します。

 

咲は少し無言になり口を開くと、

 

 

 

その時は仕方ないって思うしか・・・

 

 

 

と言うのでした。

 

奏多は「それウザいな」と言い立ち上がります。

 

そして「自己欺瞞(じこぎまん)とか本当しょーもな」と言いそのまま去っていってしまうのでした・・・

 

咲は自己欺瞞の意味が分からずその日の夜、意味を調べてみることにするのでした。

 

 

 

~自室にて~

 

 

 

自己欺瞞の意味を調べてみると、

 

 

 

「自分で自分の心をあざむくこと。」

「無理に正当化すること。自欺。」

 

 

 

そう書かれており、咲はテスト勉強をしないといけないのにやる気が出ず、全くはかどりません・・・

 

すると、スマホにLINEの通知が。

 

その相手は陽希から。

 

 

 

今って勉強中?

てか今日なんか元気なかった?

 

 

 

という内容で、陽希が自分の事を気にしてくれていたことに嬉しく感じます。

 

咲はテストが憂鬱なだけ、と返信すると「何かあるならまた話に行こうか?」と言われますが咲は大丈夫だと答えるのでした。

 

するとすぐに陽希から着信が。

 

咲はドキドキしながら電話に出ると、陽希は文字打つのがまどろっこしくて電話をかけたと言います。

 

陽希から「井竜って奴に何か言われた?」と聞かれドキッとしてしまう咲。

 

「藤ヶ谷と井竜が2人でどこかに行った後、教室戻ってから余計元気がなく見えた」と陽希。

 

だから勉強の邪魔にならなければ、今からそっちに行こうか?

 

そう言われ、咲はすごく嬉しく感じ、正直陽希に会いたいと思います。

 

ですが、井竜くんとどんな話をしたか言えないし・・・と思い、陽希には井竜くんには何か言われた訳じゃないし、本当にテスト勉強がしんどいだけ、と伝えます。

 

陽希はそう言われ少し無言になった後、納得します。

 

そして咲がお礼を言うと、2人は電話を切るのでした。

 

咲は陽希と少しでも話せて嬉しいけど抜け駆けしてるみたいで落ち着かない・・・と感じてしまうのでした。

 

 

 

~次の日~

 

 

 

体育の授業は男女が分かれて行っていて、女子たちはバスケの授業。

 

咲達はボールの片付けをしていると、琴乃が転けてしまい足を捻挫した様子・・・

 

咲は琴乃に肩を貸しながら保健室に向かいます。

 

外の通路を歩いていると外の運動場にいた美斗士が2人に気付き「琴乃ケガした?」と駆け寄ってきます。

 

すると「彼氏の陽希がおぶっていってやれよ」とクラスの男子から言われ、陽希がどうしようかと迷っていると、次の授業でやってきたクラスは琴乃の元カレがいるクラスで・・・!?

 

 

琴乃の元カレにも気付かれてしまい、陽希は彼氏のフリで琴乃をおぶることに。

 

陽希が琴乃をおぶって歩き出すと、咲もついていこうとしますがクラスの男子に「カップルの邪魔しちゃだめよ」と注意され、咲は保健室に向かう2人の後ろ姿をジッと見つめるしか出来ないのでした・・・

 

その時咲の頭の中に出て来たのは奏多から言われた「ふたりが本当にくっいたらどうすんの?」と言うセリフ。

 

咲は「この状況でどうすればいいの?」ともどかしい気持ちになってしまうのでした・・・

 

 

 

~放課後~

 

 

 

琴乃は陽希と咲に掴まりながら3人で一緒にゆっくり帰ります。

 

琴乃は気を使ってか陽希の袖を少しだけしか掴んでいないのに気付いた陽希は「もっと体重かけな」と言うと、琴乃はお礼を言います。

 

そんな2人によそよそしくなる咲。

 

 

 

こんな優しい陽希を琴乃が好きになってもおかしくない

 

 

 

私ここにいていいのかな

 

 

 

と疎外感を感じてしまいます・・・

 

すると、奏多は咲が3人で帰っているのを見かけ・・・!?

 

 

奏多は咲たちを通り過ぎる時に咲の手を取り「ちょっと来て」と咲の手を引っ張っていきます。

 

 

 

全部知ってるのは俺しかいないんでしょ?

 

 

 

そう言われ、陽希と琴乃に呼び止められるも・・・・咲は足を止めることが出来なかったのでした。

 

奏多は咲の手を引きながら「ほんとしょーもな」と言い・・・!?

 

 

その頃、陽希は咲たちの後を追いかけようと早く歩き出そうとしますが、琴乃がいるのに気付き追いかけるのを止めてしまい、2人の事を見つめるしか出来ないのでした・・・

 

 

ここまでが12話のネタバレとなります。

 

そして13話に続きます。




サクラ、サク。 bloom.12の感想

「サクラ、サク。」の12話はいかがでしたでしょうか?

井竜くんは関心がなく放おっておきそうなのに何だかんだ言って咲ちゃんの事が気になる感じなんですかね!?

これから咲ちゃんの事を好きになっていく予感・・・(#^^#)♡

咲ちゃんは今とてもつらい状況ですが・・・咲ちゃんの状況を知っている井竜くんがいることで咲ちゃんは少しでも気持ちが楽になったら良いのですが・・・

でも陽希くんからすると2人が一緒によくいるのを見かけてしまうと焦ってしまいますよね・・・

うーん・・・どうしたらいいんでしょう!?(-_-;)

こらからどんな展開になるのか益々目が離せませんね♪

 

次回13話は2月12日(土)別冊マーガレット3月号にて掲載予定になります。

 

その他のネタバレ、感想はこちらから読めます♪

↓↓↓
【サクラ、サク。】11話ネタバレ&感想 キュンなアクシデントと胸が締め付けられる出来事とは!?

「サクラ、サク。」が好きな方には・・・こちらもおすすめです♡!

↓↓↓

【なのに,千輝くんが甘すぎる】1話ネタバレ&感想「片想いごっこ」に爆キュンっ!

【ふたりで恋をする理由】1話ネタバレ&感想 前途多難な運命の恋の行方は!?

漫画を無料で読む方法とは?

【期間限定で無料で読める!】デザート等の掲載の人気漫画がまんが王国で読めちゃいます↓
【最大50%還元!】まんが王国の現在の取り扱いまんがを見るにはコチラ!

※期間限定キャンペーンなので、公式サイトをチェックしてみてくださいね!
【期間限定で無料が多数!】まんが王国の現在の無料まんがのラインナップはコチラ!

「あなたはほぼ全ての漫画が最大50%還元で見れるサイトをご存知ですか?」

【最大50%還元!】まんが王国の現在の取り扱いまんがを見るにはコチラ!
少し前は違法サイトが横行していたのですが、今は完全に無料で読む方法はありません!
(むしろ無料で漫画を読むなんて作者さんに失礼すぎっ!)

しか~し!メッッチャお得に漫画を読む方法があるんです。それがまんが王国!

まんが王国というサイトはちぎちぎや、なのに弟どもが~等が半額で読めちゃいます。